お子さんのお口の中

少子化が進み、学芸大学ではお子さんの患者さんが減りました。

それに加えて、単純に受診を控えているような感じがします。

いらしたお子さんは、虫歯がある事も多く、早期に治療をしておけば…という感想を持つ事もしばしば。

お子さんのいる方はまずはお口の中を見せていただくということからスタートしていただきたいと思います。

お子さんの頃から、歯医者にかかる習慣をつけるのは非常に大事で、大人になってからの虫歯の進行状態にそれが反映している気がするのです。