マウスピースの寿命

顎関節症や歯ぎしりの治療に使われるマウスピース。正式名はスプリントといいます。

寿命は早い人で半年、保つ人でも一年くらいです。

顎関節症の方は歯ぎしりや食いしばりのある方がほとんどで、毎晩使えば段々とスプリント自体がすり減ってきます。最終的には割れてしまう事もあります。割れないにしても毎日使えば劣化していきます。

なので、だいたい一年も使うと作り直す方が多いです。

変色してくると口の中に入れるのもためらわれますよね。匂いもついてきますし。

歯石がついて汚れてくると、使っている事が健康のリスクになる事もあります。

見た目明らかに汚れてきたら作り直しをお薦めします。