メンテナンスの重要性

今回は定期的なメンテナンスの重要性について書きます。

歯医者は痛くなってから、腫れてから行くものだと思っている方もいらっしゃると思います。

歯石を取りに行ったら、虫歯を見つけられて、歯を削られてと…

治療をしたのに、◯◯されたという言い方をされてしまうのが、歯医者の悲しい所です。

それはさておき、歯を削りたくて仕方ない、抜きたくて仕方がないという歯医者はほとんどいないと思います。

虫歯があるから歯を削り、残せない歯だから抜くのです。

ですから、そうなる前に定期的にお口の中を見せてほしいと思っているのです。

それをやるにはメンテナンスの時にお口の中を見るしかありません。歯石を取ったり着色を落とす以外にも、メンテナンスにはこういう大事な意味もあります。