余談ではありますが

今回は余談ではありますが、親知らずの抜歯についてです。

横に倒れている歯というのは口腔外科医にとって難しい抜歯ではないです。
若い頃から1日何本と抜いて、もう体に技術が染みついているからです。こうしたらこうなるとか、ああなるとか。

それでもヘビーな抜歯だなぁと感じるのは、横に倒れている倒れていないより、根っこの形と患者さんの体格に影響される事が多いです。

やはり体格の良い男性は骨が丈夫で、なかなか歯が動いてくれません。年齢が高くなると骨の弾性がなくなってきますので、40歳以上の体格の良い男性となるとそりゃもうやる側も体力勝負になります。さらに根っこが複雑な形をしていたりするともう…

逆に若い女性ですと、多少根っこが複雑な形をしていても楽に抜けたりします。
こうやって考えると、ネットで親知らずをすぐ抜いてくれました、名医ですみたいな書き込みはほとんど意味がないというのがよく分かっていただけるかと思います。
もちろん最低限の技術というのはありますが、術者が一定の水準まで到達している場合には、すぐに抜けるも抜けないも患者さんの骨や根の状態次第なんですから。