抗生剤

当院では抜歯後に感染予防として抗生剤を処方しています。

サワシリンという、ペニシリン系のクラシックな抗生剤です。

耐性菌が増えた事もあり、また薬価が下がってしまった事も手伝い、どんどんシェアを失っている薬ですが、歯科の感染予防ではまだまだ現役として活躍しています。

仲間のセフェム系に比べて、バイオアベイラビリティーという数値が高いのです、

バイオアベイラビリティーとは、要するに飲んだ薬がどのくらい体内に吸収されるかの指標です。

セフェム系が50%を切っている中、サワシリンは90%近く。

非常に効率の良い薬です。

そりゃ、もっと新しい薬の方が効きます。ですが、感染予防に切り札を投入していたらすぐに耐性菌が出来てしまいますし、それほど強い薬が必要ではありません。

誰かが上手いこと言ってました。

感染予防に最新の薬を使うのは、少年野球のリリーフにダルビッシュを使うようなもんだって。

ですから、当院では感染予防にはサワシリンを処方しています。