歯ぎしり、食いしばりについて

今回は歯ぎしり、食いしばりについてです。

これらはブラキシズムと総称され、昼間または睡眠中の異常機能と定義されています。
ブラキシズムは顎関節症の発症に重大な役割を演じていると言われています。

ブキシズムのある患者(ブラキサーといいます)は日中の何倍もの時間、何倍もの力で歯ぎしり、食いしばりをします。
顎関節症と歯ぎしりについては以前にも書きました。当然、顎はもちろん歯にも多大な負荷がかかります。

ブラキサーの方が歯にトラブルを抱えることも多いようで、当院にもよく来院します。最近特に多いような気がします。中には治療中の歯が割れてしまうこともあります。

治療はスプリント療法が効果的です。使用すると非常に楽だという方も多いいらっしゃいます。
もちろん保険適応ですから興味のある方はご相談下さい。