治療の中断について

治療を中断してしまう患者さんは少なからずおります。

無断キャンセルという形で治療が中断となる事が多く、歯科医師としては「そこで治療をやめないでよ!」と言いたくなります。

特に根の治療で中断になると、歯の寿命は一気に短くなります。根の治療を途中でやめてしまうと、根の中で細菌が繁殖し、根の先に根尖病巣が出現します。

こうなると歯の寿命は当然短くなる訳で、「そこで中断するなら最初からやらせないで」と言いたくなります。

様々な理由で、治療が中断してしまう事はあると思います。

絶対に中断出来ない状況、ひと月ふた月間隔を空けても良い状況があります。

中断になってしまう場合は、自己判断せず必ずご相談下さい。