義歯は外して眠りましょう

時々義歯をはめたまま寝るという方がいます。

総入れ歯であれ、部分入れ歯であれ、寝る時は外して眠るようにお話ししています。

まず入れ歯が直接当たっている粘膜を休ませる必要があります。

部分入れ歯であれば、バネのかかった歯の負担を和らげる意味もあります。

残っている歯の保護という観点で考えるのであれば、入れ歯をはめて寝るのではなくマウスピースをはめて寝るべきです。

それにはめて寝るのは義歯が不潔になりやすいのです。

ですから当院では義歯は外して寝るようにお話ししています。