親知らずの抜歯について

現代人は顎が小さく、第三大臼歯がしっかり生え揃わないと言われています。

その為、横に生えたり、一部歯肉が被ったままになり、そこに感染が生じると智歯周囲炎という状態が起こり、腫れたり痛んだりします。

この場合、治療の第一選択は感染による炎症を抑える事になります。

つまり、抗生剤を飲み安静にする事です。こうすればだいたい一週間もするとほぼ治癒します。

これは智歯周囲炎の治療をしたという事です。

ここから再発しない為に抜歯をするかしないかの検討に入ります。

ですから智歯周囲炎の治療=抜歯ではありません。

智歯周囲炎の状態で抜歯に取りかかると、血は止まらないわ、麻酔は効かないわでかなり厳しい処置になってしまいます。

真っ当な歯科医であれば智歯周囲炎の炎症のピークで抜歯はしないものです。

ですから、当院でも智歯周囲炎の炎症が治るのを待ってから抜歯という流れになっています。