親知らず周囲が腫れるメカニズム

親知らず、第三大臼歯は他の永久歯より遅れて生えてきます。

その過程で完全に生えきらず、一部歯肉が被さった状態で止まってしまう事があります。

この場合、被さった歯肉は親知らずとはくっついていないわけですから、当然隙間が発生します。

その隙間に細菌が繁殖し歯肉が炎症を起こした状態が、いわゆる親知らずが腫れたという状態です。

この状態は重度の歯周病と似た状態で、仮に治癒したとしても、またいつでも腫れる状態にあります。

爆弾を抱えているようなものです。

単純に被さった歯肉だけを切り取ってしまえば改善しそうなものですが、仮に歯肉を切り取ってもその下まで空間が広がっている事も多く、根本的な治療にはなりません。

ですから、頻繁に腫れるような場合はやはり抜歯した方が良いという風になります。