骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の治療中の患者さんが来院されますと、やはり問題になるのは抜歯です。

骨粗鬆症の治療薬を内服また注射されている患者さんは抜歯したところが治らない、骨が壊死してしまう事があります。

ですから治療を受ける前に必ず骨粗鬆症の治療中である事を告げていただく必要があります。

さらにいうなら、骨粗鬆症の治療を開始する前に歯の治療を終わらせておく必要があります。