特殊な義歯について

特殊な義歯について

インプラント治療は確かに優れた治療ですが、治療費が非常に高いこと、症例によっては何度も手術を受けなくてはいけないこと、各メーカー統一の規格がなく将来的に不安があること、などまだまだ問題があるのも事実です。

近年ではインプラント治療トラブルの多発を受け義歯による治療が見直されています。
もちろん咬む能力、違和感の有無といった点では義歯はインプラントに比べ圧倒的に劣ります。
ですが、後戻りのできる治療、負担の少なさといった点でインプラントに勝ります。それにインプラントが取れてしまう原因であるインプラント周囲炎が周囲の骨を破壊してしまうのに対し、義歯の骨の破壊はごくわずかです。
しかし、保険診療で製作されるレジン床義歯は機能面ではあまり良いとは言えず、口の中に入れているだけでもかなりのストレスになります。

そこで現在では様々な義歯が開発されています。

金属床義歯

義歯のプラスチック部分をメタルに置き換え違和感を少なくした義歯です。熱の伝わりが良いので熱いものは熱く、冷たいものは冷たく感じます。プラスチック部分も良い材料を使用しますから汚れづらく匂いがつきづらいのです。

ノンクラスプ義歯

部分入れ歯にはどうしても維持装置、みなさんのおっしゃるところのばねが必要になります。部分入れ歯はばねが目立って嫌だという患者さんが結構いらっしゃいます。我々はこのばねのことをクラスプと呼んでいます。クラスプを金属から特殊な義歯に変えたものがノンクラスプ義歯です。装着すると樹脂のクラスプが歯肉と同化して目立たなくなります。

ただし、着け心地はプラスチックの入れ歯そのものですから、金属床とコンビネーションで使用することがあります。

アタッチメント義歯

片側の大臼歯がなくなってしまうとどうしても反対側に維持装置が必要になります。

片側だけですと義歯が揺れて安定しません。反対側に維持装置がくれば違和感が強くなり、義歯が嫌がられる要因の一つになります。そこでその手前の小臼歯を被せものに変えてそこに装置を仕込むと片側だけで義歯を作ることが出来ます。それがアタッチメント義歯です。維持装置が見えないので見た目も問題ないし、違和感も全くないのですが、取り外しにトレーニングが必要です。

ミリング義歯

最後は少し古い義歯のご紹介です。ノンクラスプ義歯やアタッチメント義歯が開発される前は維持装置の見えない義歯といえば、被せものと義歯が一体になっているコーヌス義歯と被せものに細工をして維持装置にするミリング義歯が主流でした。

煩雑な制作過程、シビアな調整、装着の大変さからほとんど作られなくなりつつあります。

機能面ではノンクラスプ義歯より安定感があり良いと思います。