診療内容

むし歯治療

むし歯の治療は現在、むし歯を見つけて治療するという時代から、むし歯をいかに予防するか、むし歯をいかに小さな段階で食い止めるかという時代に移り変わっています。当院では健康な歯質を出来るだけ残し、必要最小限に歯を削る(MI:ミニマル・インターベンション)治療を実践しています。

むし歯の種類

C1

むし歯の初期段階です。歯の咬む面が変色します。自覚症状はありませんが、むし歯は自然には治癒しませんのでだんだんと進行していきます。

C2

むし歯がC1より進行した段階です。冷たいものがしみたりと、自覚症状が現れてきます。むし歯を削って詰め物をいれます。

C3

むし歯が進行し歯の神経にまで達した段階です。ズキズキ痛んだり、咬むと痛んだり自覚症状が強く現れます。歯を残すことは可能ですが、神経の治療が必要になります。

C4

むし歯がさらに進行し、歯が崩壊した状態です。この状態で放置すると歯を残すことができなくなります。また根の先に細菌が増えるとそれがもとで腫れたり痛んだりします。

歯周病

歯周病は細菌感染症です。

歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。

歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)の蓄積で、歯周病が進行します。細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。数種類の細菌の集団が集まってコロニーを形成しており、バイオフィルムは強力なバリヤーになっているので、薬も効果がありません。いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。

では歯周病にならない為にはどうすればいいのでしょうか?

プラーク(歯垢)が溜まらない様にするには毎日歯磨きをすることが有効なのですが、間違った歯磨きをしているとプラークは取り切れず、プラークが固くなり歯石になってしまいます。こうなると専門家でないと取る事が出来ません。またちゃんと磨いていても歯石は付いてしまいます。歯周病にならない為には正しい歯磨きと定期的なメインテナンスがもっとも大切なのです。またバイオフィルムの形成を毎日の歯磨きで抑制する事も出来ます。それでもついてしまったバイオフィルムは定期的に器具を用いて破壊する事が必要になります。

歯周病になってしまったら…

歯周病になってしまったからといって悲観する必要はありません。歯磨きの仕方を学び、歯石を除去する事で症状の進行を防ぐ事が出来ます。

プラークコントロール

実際に治療室で歯を磨いていただき、磨き残しがどこにあるのか、歯ブラシは正しく当たっているか、等をチェックし歯ぐきの状態の改善を図ります。

スケーリング(歯石の除去)

歯ぐきの状態が改善されたら、歯石の除去を行います。 歯石は歯に頑固に付着していますから数回に分けて徹底的に除去を行います。非常に深い所の歯石を除去する為には、小手術が必要になる事もあります。

メンテナンス

歯ぐきの状態がよくなったら、再び診査を行ないメンテナンスに移ります。 状態の良くない修復物が入っている場合は、その歯の治療も必要になります。 メンテナンスを定期的に受けていただく事で歯周病の再発・進行を防ぐ事が出来ます。

メンテナンス時にハンディジェットを使用すると着色がつきにくくなります。
ハンディジェットについて⇒

口腔外科

口腔外科とは難しい抜歯や口の中の腫瘍、炎症、骨折や顎関節症を専門に扱う診療科名です。口腔外科医は大学病院などで虫歯や歯周病などの一般歯科以外にも、腫瘍、骨折など様々な疾患治療のトレーニングを積んでいます

では、どんなときに口腔外科医が必要になってくるのでしょうか

○骨の中に埋まっているような親知らずの抜歯

○外傷による歯の脱臼

○のう胞の摘出

○顎関節症

○歯周病などが原因で腫れてしまった感染症の治療

当院には口腔外科医がこれまでの経験・知識を生かし日々治療に当たっています。また命の危険を伴う病気である口腔がんの検診期間としても当院をご活用ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯ではとかく良い噂を聞きません。二時間以上も抜歯にかかったり、麻酔が効かなかったり・・・。でも当院には大学病院口腔外科出身の歯科医師がいますので、大学病院と同レベルの治療を受ける事が可能です。

親知らずって?

親知らずは第三大臼歯といわれ、17~ 21歳くらいから生え始めます。
普通に生えてくれば何も問題はないのですが、横に生えたり、生えきらずに歯茎が一部被った状態になることがあります。そのような状態では、放置する事により腫れたり、虫歯になったりすることが多く、とかくトラブルの原因になりがちです。ですから出来るだけ早いうちに抜いてしまった方が良いのですが、親知らずの抜歯には専門的な知識、技術が必要なのです。
口腔外科とは難しい抜歯や口の中の腫瘍、炎症、骨折や顎関節症を専門に扱う診療科名です。通常、難しい抜歯は歯科医院から大学病院に依頼をし、大学病院の口腔外科で抜歯を行うのが一般的ですが、当院には大学病院口腔外科出身のドクターがいますので心配いりません。抜歯をするのに大学病院に足を運んでいただく必要がありません。

実際の抜歯手順

初診

まず、レントゲン等の診査を行ない、腫れているようであれば抗生物質で炎症を抑えます。腫れていると麻酔も効きづらく、傷の治りも悪い為、腫れが完全にとれるまで抜歯をしません。また難しい抜歯の場合、当院では初診の回はしっかりした診査、診断に時間をとっていますので、抜歯はその次の回以降ということになります。

抜歯

抜いた後の傷の治りを左右するいくつかの事

抜いた後は普段通り生活していただいてかまいませんが、いくつかの事にだけ注意してください。

○血行の良くなる行為は出血、痛みの原因になりますので控えて下さい。

○激しい運動、長時間の入浴は控えて下さい。抜歯当日はお酒をのんではいけません。

○強いうがいは血が止まりにくくなるばかりでなく、傷の治りも悪くなります。

○歯を抜いた当日は唾に血が混じるのは普通ですから、強いうがいは控えてください。

○こちらが処方した薬は指示どおり内服してください。特に抗生物質は決まった期間内服しないと効果が得られません。

歯を抜いた後の合併症はどんなことがあるの?

抜いた日は唾に血が混じるくらいは普通です。しかし、口の中に溜まる血の量が多いなと感じたら、ガーゼなどを丸めて固くし強く噛んで様子を見てください。健康な人であれば10分もあれば止血します。

抜歯した後に一番多いトラブルは歯槽痛(ドライソケット)と呼ばれるものです。抜歯後、だんだん症状が軽くなっていたのに、何日かして抜いた場所がズキズキ痛みだす。通常抜歯した穴には血餅と呼ばれる血の固まりで満たされ、それが肉になり穴がふさがっていくのですが、その血の塊がごっそり取れてしまい、骨がむき出しになり痛みが出る。これが歯槽痛(ドライソケット)です。
特に下の親知らずを抜いた場合、下あごの骨が硬いこともあって、その発生頻度は5~10人に1人の確率といわれています。抜歯後のトラブルのなかでは最も予測が困難で、こうなってしまった場合は傷口に軟膏のガーゼなどをつめ、ふたをし、抗生物質、消炎鎮痛剤などを投与し、キズの治りを待ちます。軟膏ガーゼをつめることにより、痛みは大幅に軽減します。

また、下の親知らずを抜いた場合、親知らずの根が下あごの神経(下歯槽神経)に近いため、術後、抜いた側の口唇の感覚が鈍くなることがまれにあります。しかし、通常は時間ととも軽減していき、感覚は元に戻ります。

さらに難易度の高い抜歯

レントゲンで親知らずの根が下あごの神経に非常に近くなっていることがあります。このような場合、大学病院に依頼してCTを撮影させていただくことがあります。CTを撮影する事により、根と神経の関係がはっきりわかります。このことにより、神経に力が加わらないように抜歯をすることが可能になります。 
親知らずでお悩みの方は是非ご相談ください。

顎関節症

EBMに基づいた診断

今医療の世界では、医師個人の経験のみによる治療ではなく、科学的根拠を持った、再現性のある治療が必要とされています。それがEBM(Evidence Based Medicine)です。顎関節症の治療では、医師の経験のみによる治療が行われている事が多く、EBMが必要な分野といえます。
当院では大学病院口腔外科で顎関節の研究、治療を行ってきた歯科医師がEBM、つまり科学的根拠に基づいた治療を実践しています。

顎関節症って?

口が痛くて開けられなかったり、口を開けると音が鳴ったりする病気の総称で、虫歯、歯周病に次ぐ歯科の第三の疾患といわれています。しかし、実際顎関節症の治療が出来る歯科医の数は決して多くありません。顎関節症の診断、治療には専門的な知識、技術が必要だからです。当院では顎関節学会のガイドラインに基づいて診断しています。
現在、顎関節症は原因によって、以下の四つに分類されています。

Ⅰ.顎の筋肉に問題のあるもの

Ⅱ.顎の周囲の靭帯に問題のあるもの

Ⅲ.顎の関節円板とよばれる組織に問題のあるもの

Ⅳ.顎の関節の骨そのものに問題のあるもの

ですから、一口に顎関節症と言っても、原因によって症状も様々で治療内容も変わってくるのです。
では具体的にどのような症状が現れるのでしょうか?

食事の後や、朝起きたときに頬やこめかみが痛み、重い感じがする。

これが顎の筋肉に問題のあるものです。寝ている間の歯ぎしり、または無意識での食いしばり等の悪習癖があったりすると、顎の筋肉に負担がかかり、顎の周りの筋肉に痛みが出ることがあります。また、コンピュータープログラマー等、同じ姿勢を長時間続ける人も顎の筋肉に症状が出ることがあります。このような症状には治療用スプリントを用いた治療を行い、筋肉の負担を緩和します。

耳の前がものすごく痛くて開けられない。

これが顎の周囲の靭帯に問題のあるものです。無理に大きくお口を開けてしまったり、硬いものを噛んだりすると顎の周囲の靭帯を損傷する場合があります。このような場合、口を開けなければ症状は出ることはありませんが、口を開けると耳の前に激痛が走る事があります。このような症状には、消炎鎮痛剤を投与し、治療用スプリントを併用し、安静をはかります。通常は2週間程度で改善します。症状が強く出るわりには治りは良いのです。

お口を大きく開けると耳の前でカクカク音がする。口がひっかかって開きづらい。突然口が開かなくなった。

これが顎の関節円板といわれる組織に問題のあるものです。関節円板は顎のクッションの役割をしている組織で、通常は顎の動きに合わせて移動しています。ところが、そのクッションが何かの拍子に、通常の位置より前にずれたり、横にずれてしまうことがあります。関節円板は顎の形に合わせたドーナツ枕のような組織ですから、すこしでも位置が狂ってしまうと、今度は顎の動きを妨げるようになります。

それで、口が開きづらくなったり、音が鳴ったりするのです。ずれ方がひどくなると口がほとんど指一本分しか開かなくなることもあります。治療としてはスプリントを用いた治療が、一般的ですが、病状によってはMRI、CTなどの検査の後、関節内の洗浄や内視鏡を用いた治療が必要になる場合があります。

さらにズレがひどくなると・・・

お口を開けると耳の前でジャリジャリ音がする。

これが顎の関節の骨そのものに問題のあるものです。先程述べたように、顎のクッション組織である関節円板が、ずれたまま何年も経過すると、クッションを失った顎の関節に負担がかかり、骨がこすれるジャリジャリといった音が聞こえるようになることがあります。このような場合は噛みしめたりすると、痛みが出る場合もありますので、消炎鎮痛剤の内服、スプリントを用いた治療が必要になります。何年もかかって変形してしまった骨ですから、治るまで時間がかかります。

顎の痛みや音でお悩みの方はお気軽に相談ください。

当院における顎関節症の治療の流れ

当院では、顎関節専用のカルテを作成することにより、診断を行います。そのため初診では問診、診査、診断に多くの時間を割いています。続いて治療に移ります。当院では治療用スプリントを用いた治療を行っています。
初診時に歯の全体の型をとり、スプリントを作成します。

顎関節治療用スプリントとは

スプリントとは顎関節の治療に使うもので、マウスピースのような形をしています。スプリントはその使用により、噛みあわせを数㎜高くし、顎や周囲の筋肉などの安静をはかることができます。
当院では、顎関節治療はまずスプリントをしていただくことから始めます。顎関節症の八割の方がスプリントを使用する事により完治するからです。スプリントは主に夜間寝ているときに使用し、昼間や食事の時にははずします。スプリントは慣れるまで少し時間がかかりますが、調整が簡単に行え、中止も楽に出来ます。スプリントの使用により噛み合わせの改善が見られることがあるため、歯を削って噛み合わせを変えてしまうようなことはしません。

症状に応じていろいろな種類のスプリントを使い分けます。主に夜間使用していただきます。消炎鎮痛剤などの薬物療法を併用する場合もあります。

スプリントで効果が得られない場合

スプリントを使用していただくことにより、ほとんどの人は改善が得られます。それでもまったく効果がない場合は更に詳しい検査が必要になる事があります。MRIや造影CTがそれに当たりますが、大学病院での検査となります。MRI撮像により更に詳しい情報を得る事が出来ます

顎の痛みや音でお悩みの方はお気軽に相談ください。