コラム|学芸大学駅徒歩3分で歯科をお探しの方はたかばんデンタルクリニックまで

電話予約
お問い合わせ

ブログ

コラムCOLUMN

フィットする入れ歯をお求めの方へ。「目立ちにくい入れ歯」「口内で違和感が少ない入れ歯」はいかが?

こんにちは。
学芸大学駅から徒歩3分の歯科・歯医者「たかばんデンタルクリニック」です。
 
歯を失った時に、行う治療法の中に「入れ歯」という選択肢があります。
失った歯の場所を補いながら、食事ができますが、人によっては違和感があったり、入れ歯が目立つのが気になったりと困ることがでてくる方もいます。
できるだけ、違和感が少なくフィットしている入れ歯で、いつまでもお食事を楽しみたいですよね。
 
入れ歯の種類は、保険で作るもの以外に優れたものがあります。
保険診療の適応外ではありますが、メリットがたくさんありますので今後の選択肢に加えるかどうか参考になさってください。
 
 

目立ちにくい、ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーの画像
部分入れ歯の場合、入れ歯が外れにくいよう固定するために、金属の金具を前後の歯に装着することがあります。
場所によっては、笑ったり、会話をしたりするときに見えてしまうので、それがイヤだと感じる方がいます。
また、金属アレルギーのため、金属が使用できない方もいます。
そんな方々には、金具のない「ノンクラスプデンチャー」がおすすめです。
 
ノンクラスプデンチャーは、金属を使用せずに特殊な材料で入れ歯を固定しますので、目立ちにくいのが特徴です。
保険の入れ歯と比べて薄くできていますので、装着した時の違和感も少ないです。
 
 

丈夫で違和感が少ない、おいしく食事ができる「金属床義歯」

金属床義歯
通常、入れ歯の​歯ぐきの部分は、レジンと呼ばれるプラスチックの材料で作られます。
プラスチックは壊れやすく、強度を確保するために、ある程度は厚くしておかなければいけません。
多くはこの厚みが、お口の中で違和感としてでます。
 
金属床義歯は、フィットさせるためにも大切な部分を金属で作っています。
金属をつかっていて強度があ​るため、薄くても問題ありません。
舌触りや口を動かした時の感触など、違和感が少ないのが特徴です。
また、金属は​熱が伝わりやすいです。
食べ物や飲み物の温度を感じやすくなり、食事を楽しむことができます。
 
 
たかばんデンタルクリニックでは、永く快適な生活や食事を楽しめるように患者さんのライフスタイルやご希望をうかがい、入れ歯治療のご提案をさせていただきます。
保険適応から自由診療のものまで、幅広い選択肢の中から、ご自分の希望にあったものを選択してください。


入れ歯(義歯) >