コラム|学芸大学駅徒歩3分で歯科をお探しの方はたかばんデンタルクリニックまで

電話予約
お問い合わせ

ブログ

コラムCOLUMN

未分類

顎関節症の治療はとにかく歯医者へ

学芸大学エリアでは「顎関節症」で検索すると、歯医者以外が上位でヒットしまいます。

顎関節症の原因の多くはブラキシズムです。

つまり、歯ぎしりや食いしばりが原因で、治療の第一選択はスプリント(マウスピース)になります。

スプリントを使用する事で8割の患者さんが治癒すると言われています。

ですから、顎の調子が悪くなったらまず歯医者に行って、スプリントを作るというのが最善の治療になります。

症状がなくなったら、開口練習をしますが、あくまでも自分の力加減で行います。

その後はスプリントを使用しながら様子を見ていきます。

一部の例外を除いて、この流れの中に残念ながら、マッサージをしたり、顎を他者が動かすような過程はないわけです。

ですから、顎の調子が悪くなったら、とにかく歯医者に行って下さい。

それも顎関節症に詳しい歯科医院に。

 


顎関節症 >