コラム|学芸大学駅徒歩3分で歯科をお探しの方はたかばんデンタルクリニックまで

電話予約
お問い合わせ

ブログ

コラムCOLUMN

未分類

金歯と銀歯

金歯と銀歯の比較です。

個人的好みからいうと金歯です。とにかく歯に良く馴染みます。
これは、金歯が歯と同じ硬さというのと、力が加わると延びるという特性からくる物で、歯と同じように擦り減ってとにかく非常に寿命が長いのです。
仮に外れたとしても下が虫歯になっている事も少ないです。
歯医者の間では、冗談で金歯はつけたら虫歯にならないからダメだという話があるくらいです。
欠点としては材料費がかかるという事で、コロナ以降高い値段で推移しています。
続いて銀歯です。保険ですと金銀パラジウム合金が使われますが、この金属が歯よりも硬いために長く使うと歯より出てきたりして噛み合う歯を傷つけてしまいます。
また二次的な虫歯になった場合、金歯より虫歯が大きくなる確率が高いです。
利点は保険適応なので安いという事です。
保険範囲内でやる分には使い勝手の良い材料ですが、やり直しのサイクルは金歯と比べると短くなってしまいます。
また、材料が非常に高くなっていて、値段と性能が一致しなくなってきているのも事実。
しかし、まだまだ金歯との値段差はあり、保険診療では現行の銀歯に勝るものはないでしょう。