コラム|学芸大学駅徒歩3分で歯科をお探しの方はたかばんデンタルクリニックまで

電話予約
お問い合わせ

ブログ

コラムCOLUMN

未分類

顎関節症と咬合

顎関節の発症には咬合は寄与しないと言われています。

それでも顎関節症は歯科医が診察すべきです。

それは何故か?

咬合が原因で顎に痛みが出る事があり、その診断は歯科医しか出来ないのが一つ。

もう一つは、治療に使用するスプリント、いわゆるマウスピースの調整は咬合に対する専門的な知識が必要です。

軽症の顎関節症はほとんどがスプリントにより改善しますが、スプリントの咬合がおかしければ効果がないばかりか悪化します。

また顎関節症はその原因により、いくつかの種類に分類されますので、それを理解せずにマッサージしたり、無理に口を開けたりする行為は非常に危険です。

顎に問題が起きたらまず歯科医院を受診していただきたいと思います。